「え、何?」とは言わせない!日本語発音を明瞭にする発音練習(基礎1)

ボイスレッスン
オンラインによる活動の幅が広がり、誰もが発信できる時代。前回は、ちゃんと伝わる発信者となるためのポイント3つをお伝えしました。
⒈ 準備・練習をして発信者としての実力をつけること
⒉ 場数を踏むこと
⒊ トレーナーの存在

 

つまりは練習が必要ということなのですが、ただ闇雲に練習をしていても思うような成果がなかなか得られないのが実情です。特に、声を出すことや話すことというのは学ばなくてもできてしまうことなので、長年の習慣で身についた発声と発音、話し方のクセなるものが備わっています。

 

個性として大切にしたい部分ではありますが、それでも、言いたいことが伝わらなければ意味がありません。特に、どんなに素晴らしい内容でも日本語の発音が不明瞭だと言葉が正しく伝わらず、相手に誤解を与えてしまうことになりかねません。

 

よく「えっ、何?よく聞こえなかった」と聞き返されることはありませんか?それは日本語の発音が口を大きく開けなくてもできてしまう言語なので、モゴモゴとこもった発音になってしまっているからです。

 

今回は、ボイスレッスンで取り入れている簡単な発音練習をご紹介します。口の体操だと思って、ぜひ鏡の前でやってみてください。言葉が明瞭になり、聞き返されることがなくなります。さらには口の周りの筋肉が鍛えられ、英語の発音も良くなったり、顔まわりがスッキリして表情が豊かになるという嬉しい利点もありますよ。

 

言葉を正しく歯切れよく発音するための口ならし体操

 

あ え い う え お あ お
か け き く け こ か こ
さ せ し す せ そ さ そ
た て ち つ て と た と
な ね に ぬ ね の な の

 

は へ ひ ふ へ ほ は ほ
ま め み む め も ま も
や え い ゆ え よ や よ
ら れ り る れ ろ ら ろ
わ え い う え お わ お
が げ ぎ ぐ げ ご が ご
ざ ぜ じ ず ぜ ぞ ざ ぞ
だ で ぢ づ で ど だ ど
ば べ び ぶ べ ぼ ば ぼ
ぱ ぺ ぴ ぷ ぺ ぽ ぱ ぽ

 

口の開閉にメリハリをつけ、最初は大きな声で「あ、え、い、う」のようにひとつひとつ区切ったり「あー、えー、いー、うー」と伸ばしたりして発声します。それに慣れたら「あえいうえおあお」と音を続けていきます。のどに力を入れず、4、5メートル先の人に向かって伝えるように声を前に飛ばしてみましょう。声を出す前に、しっかりと息を吸うことも忘れないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました